基礎化粧品で、どれがいいかしらと悩むことも買うこともなくなり、節約できるし、目からウロコの様な本当の話しです。
化粧品業界に異業種の企業が参戦し、テレビや雑誌でもお試し価格で販売したりしています。基礎化粧品もこんなにも多種多様な商品がでているのに、次から次へと新商品がでてきます。

ある皮膚科医の本に、肌は本来再生力があり常に生まれかわろうとしている、それを邪魔するのが化粧品だとあります。
肌には水すら刺激になるので、基礎化粧品といっても肌にはよくないということです。

顔を洗って何もしないと、最初のうちは突っ張る感じはするけれど、肌が本来の働きを発揮しようと育ち、数時間後にはつっぱり感はなくなる、とあり実際に私もやってみました。しかも、冬の乾燥時期の夜、洗顔後何もつけませんでした。
普通の女性であれば、そんな時期に無謀な挑戦だと思ってしまいますよね。

確かに直後は突っ張りましたが、翌朝はツッパリ感はなく、何もしてなくても潤ってました。この出来すぎた結果に驚きでした。
それから一切の基礎化粧をやめて二年経ちますが、次第にキメもそろい、毛穴が小さくなり、その分顔がシェイプされた感じです。今ではすっかり、洗顔後なにもつけないのが当たり前です。

肌のターンオーバーも正常化されて本来の肌状態に戻っている感覚です。
恐らく肌トラブルを抱えている女性の大半が、ストレスやホルモンバランスの不調などでターンオーバー周期が乱れていると思います。
今は色々なサプリが出ていたりするので、外側からだけでなく内側からもケアするといいですよ。